徳島・祖谷渓 3日目続き

キャンプ場を探す時は、google mapの「お店やサービスを検索」にして、キーワードに「キャンプ場」を入れて探します。
それからネットで情報収集するわけですが。
祖谷渓の場合、奥に行くほど情報がなくなりました。
キャンプ場にあたりをつけ、現地でロケハンしつつ探していくことに。
人が少なくて、安くて、自然がステキな場所は、最後は自分達の目で見つけなければね。

パパが始めに目指したのは「夫婦池キャンプ場」という所。
剣山の山頂に一番近い昭和には人気のキャンプ場だったけど、今は廃れてました。
大ハズレ~。
水はまだ出るから野宿も出来そうだけど、なんだか寂しい雰囲気に、「二重かずら橋のキャンプ場がいいっ」ってくうまが言ったので、引き返すことに。
トイレがむちゃくちゃ綺麗なのは、確認済み。

荷物は駐車場からモノレールで降ろし。
f0162861_11453299.jpg
野猿に積んで川を渡るんだって。笑える~っ(喜)
f0162861_12123082.jpg
今夜のお客は、我が家だけであった。
f0162861_12211481.jpg
おっし。水浴び、行くぞ~。(笑)
飲めるほど綺麗な水。火照った身体から汗を流して、さっぱりすると、空気が涼しい~。
さすが、1000m登ると、真夏も爽やか。

f0162861_12242689.jpg


直火ができるようなので、今夜はキャンプファイヤーをば。
パパと二人で、山に乾いた枝を探しに行って。
木の組み方を教わってます。
そう、小枝を下側に太いのは上に組むように置くのよねっ。

夜が待ちどおし~(わくわく)
f0162861_1224433.jpg

f0162861_1225389.jpg

今夜は、アウトドアの本に載ってた「八ヶ岳フォンデュ」。
三日目は、買出しできない限り、もちのいい野菜や真空パックのパンで作る料理になっちゃうね。
f0162861_12251958.jpg
くうま君はその間、昨日の出来事を絵日記に~(毎回これ 爆)
実は、描くのが好きで、ものすごいエネルギーを使って絵に集中してるんです。
しかし、書くのが苦手で、ものすごいエネルギーを使って長時間悩んでるんです。
で、一日の半分は絵日記に頭を悩ましてる(苦笑)
一ヶ月これをやったら、「書く」ことへの苦手意識、なくなるかな(結構な苦行)
f0162861_12253747.jpg
「八ヶ岳フォンデュ」は缶詰のホワイトソースに生クリーム、とけるチーズ、白ワインベース。
サイコロ切りしたパン、固ゆでしたニンジンとジャガイモを、竹串に刺して~。
うーむ、インドカレーと日本カレーほどの差があるけど、なんか美味い(笑)

f0162861_12261453.jpg


本日唯一補給できた「ちくわ」もっ。
こーいうもんが、案外うまかったりするのよ(笑)
f0162861_12255360.jpg






穴に絡むのがポイントではないかと。
f0162861_12263798.jpg
本日の昼は「パパ特製ひつまぶし」。
火の通った「うなぎの蒲焼」も、足がはやくないからキャンプ食材に便利~。
パパ特製は、蒲焼をご飯と一緒に炊き込んで、食べる時にタレと山椒をかけます。
これがうまいっ!このお焦げがさらに最高にうまいっ!
昼のあまりを夜に食べてるので、ここに登場してるんですが(爆)

f0162861_12265282.jpg





生クリームとか、とろーり系好きな、くうま君。
最後は抱え込み~。
f0162861_1227894.jpg
その、口いっぱい頬張る癖、なんとかせんかいっ(爆)



空も暗くなり始めたので、点火っ!
f0162861_12272425.jpg
おお~、真夏の夜の夢・・・なんちって(笑)
f0162861_12274145.jpg
若い細い枝を取ってきて、マシュマロ焼いてるところ~。
スヌーピーで必ず出てきたこの描写、ハイジのおじいさんのチーズとろ~りと双璧でずーっとやってみたいまま41年でっせ。
・・・うーん・・・・・・・・・・・・・そう食べれるもんじゃないことがわかった(甘い・・・)


f0162861_14581651.jpg
くうま君のこの日の絵日記。
「すごくたのしいことをした。なぜかというと、はじめてキャンプファイヤーをしたから。
キャンプファイヤーで、マシュマロをこがしてたべたから」(笑)


[PR]
by africajp | 2008-07-27 12:35 | 日本・再発見

スペインから引っ越してきました。


by africajp