やよいさんの畑。

グラナダに住むお友達のやよいさんが、田舎に家を買い。
それで、畑に日本の野菜をいっぱい植えて、今まっさかりよっ!と誘ってくれたので、収穫に行ってきました。

くうまはこんな風に畑から収穫するのは、はじめてなのです。
にんじん、モロッコいんげん、日本のなすにかぼちゃ、とうもろこし、ズッキーニ、ピーマンもオクラもあるそうで。
「さて、にんじんはどこに生えてるでしょう?地面の下?上?木になってる?」なんて、道々問題を出しながら来ました。
オクラは・・・、問題を出してる私の方がこっそりやよいさんに聞いたりして(笑)
畑はまだまだ私にも未知の世界です。

f0162861_113226.jpg
肌に葉が触れるとかぶれることもあると言うので、やよいさんの長靴を貸してもらったくうま。

f0162861_1145843.jpg
ぶかぶかで、腿まで隠れて、魚屋さんの長靴はいてるみたい(笑)


f0162861_1153365.jpg
かぼちゃが立派っ。
もっと大きくなるんだろうか。


f0162861_1161737.jpg
スペインのなすびはこーんなに大きいのです。
でも、灰汁はかなり強くて、種もごっつい。
f0162861_1165476.jpg
こっちの人は天ぷらにして黒蜜かけて食べたりします。
私はナスクリームを作るのが一番好きかな。


f0162861_1172894.jpg
ぶかぶか長靴はいてると、幼く見えるなあ(笑)


f0162861_1181621.jpg
「くーまちゃん、ほらほらっこーんなナスがあったわよっ!」


f0162861_1184868.jpg
わはは、鼻がある~(爆)
いきなり女将さんみたいに見えるからおもしろいっ(爆 爆)
これは日本のなすび。
スペインの地面でモリモリ育ってました。


夕食にさっそく焼きナスを作ったら、甘かった~(感激)
くうまなんて、おかわりおかわりで5本も食べたんですよっ。

ちなみに焼きナスですが、スペインでは焼き赤ピーマンを作る時、焦がしたあとボールにとって蓋して蒸らしてから皮をはぎます。
水にとると、うまみが流れちゃうからです。
日本の焼きナスの作り方の多くが、焼いてから水にとって皮をむくって書いてあるでしょ?
でも、日本のナスは灰汁も少ないので、こうしてボールに蓋して蒸らす方が、水っぽくならずに美味しく仕上がると思うのです。
是非試してみてくださいな。



[PR]
by africajp | 2008-08-27 01:19 | スペイン・再発見

スペインから引っ越してきました。


by africajp