久々に、タカラの人生ゲーム!

実家に帰ったときに、私が子供時代に遊んだ「人生ゲーム」を発掘っ。
日本に登場した最初のもので、以後続々と日本バージョンが出てるみたいですが、この初期のアメリカンドリームな能天気人生ゲームが私は結局の所一番好きっ(笑)

最近、ゲームやトランプがちゃんと参加できるようになったくうまを交えて、久しぶりに母と姉と四人で楽しみました。
f0162861_23413086.jpg
私も姉も小学生の頃、父も母も今の私より若かったし本当に一生懸命暮してて、70年代を代表するような善良な一家でありました。
そんな四人が人生ゲームをすると。

全ての保険は備えとして当然買い揃え。
賭けたって損するだけって、トライする人は無く。
ラッキーチャンスでもらった「仕返しカード」や「財産受け取りカード」は、こんな酷いこと、可哀想だからやめておこうとかで、なかなか使い切れず。
もちろん「決算日」に貧乏農場か億万長者か大掛けする人間がいるわけもなく。
コツコツとマスを歩み、ニコニコとゲームを楽しみ、最終的に人生をきちんと清算して順位をつける、ほのぼのした幸せが「人生ゲーム」の醍醐味だったわけですが。


約35年後にやってみたらば。

株は買うけど、各種保険には「今さら入ったってしょうがないもん」って一切入ろうとしない、70を越えたわが母(ゲームは始まったばかりであることを完全に忘れてますっ 爆)

「書いた本がベストセラーになった。80.000ドルもらう」のマスに止まった私に、「なんであんたがそこ止まるのよっ!」と、つい憤慨してしまう、物書きの姉(爆爆)

「ヨットを買って36.000ドル払う」に、リアルとシンクロしてる気がして、くうまの駒の進む先に思わず注目してしまう私っ。
くうま君、ヨットはスルーして「ヘリコプターを買って40.000ドル払う」に、要らぬ不安を感じたりして(苦笑)

株は買いあさり、賭けのチャンスが巡り来る毎にバンバン賭け(苦笑)

支払い要求カードを嬉々として突きつけ、恨みをブラックジョークで切り返しぃの。
財産受け取りカードを、地道な手取りでまで差し出して、わざとバトルを煽ってみぃの。
人生のスキル、かなり上がってるっ(?)

いやああああ。
年くってから家族でやる「人生ゲーム」がこれほど面白いとはっ!(爆)


で。
くうま君ですが。

保険の何たるかを知らない彼ですが、「家が火事になって困った時、お金で助けてくれるもの」「車で事故って困った時に、お金を代わりに払ってくれるもの」・・・なんて説明を受けると、それはすごいっ!て飛びついて全てを買い揃え(って、これが本当なら、誰でも入ろうって思うよね)

周囲が賭けで大もうけしてても、妙に恐れて、いっさい賭け事には手を出さず。
株さえ、いっさい手を出そうとせず(驚)

誰よりも子沢山な堅実な人生を(ヘリコプターは買ったけど 笑)、コツコツと一人で歩んでおりましたよ(爆)
ま。
まだ全てが未経験でわからないことだらけで、危ない橋を知らないから、陽の当たる場所以外を恐れるのであろうね。
35年前の私を見ているようだ~(昔は可愛かった 爆)

ちなみに、最新人生ゲームは、オーダーメイド版超私的「私の人生ゲーム」だそうな。
H.P.じゃ結婚の記念品に作れと言ってるけど、わたしゃ、喜寿の記念品にするのが最高と思うなあ(笑)




[PR]
by africajp | 2008-10-22 13:01 | 子供と遊ぼっ!

スペインから引っ越してきました。


by africajp