人気ブログランキング |

骨量測定。

日本に帰ってきてフィットネスジムに通い始めました。

大学時代の四年間、剣道部で身体を鍛えまくってい。
その後もストレッチやヨガは続けていたので、かなり無理の利く身体ではありました。

スペインは当時フィットネスジムなど皆無だったので、スペインに住み始めてからは運動らしいものをやらずに9年たってしまい。
海沿いの村で、丘の上の家に住むようになったら、どこに行くにも車になって、歩くことも少なく。
自分でも、こんなに運動しなくて人間って大丈夫かと驚くほど筋肉を使ってませんでした。
ここ2~3年、朝起きた時、ふくらはぎの筋肉に締りがなくて気持ち悪い感覚で目がさめていて。
筋力を鍛えないと、復活に苦労しそうだなと焦りはじめ。

でも、これが一般的なスペイン人のおっかさん達の生活。
スペイン女性は、だから太っているんだろうなあ(結論)

って、今日のテーマはそれではなくってね。
フィットネスジムに入ったら、まず色んな測定をしてくれたのです。

身長、体重の他に、身体の各部の筋力がどういう状態か。
内臓にどのくらい脂肪がついているかとかとか。
触ってるだけで、そういうのがわかっちゃうって、ほんとに日本って未来の国ですねえ(驚)

で、まあ、腕の筋力は衰えることなく未だに強力ってのに、笑っちゃった。
運動してなくても、子ども抱っこしてて腕だけは鍛えてたもんねえ(笑)
足は標準、身体の筋力が標準以下でした。
内臓脂肪って、見た目細くてもついてると聞いてたのでドキドキでしたが、標準以下っ(自慢!)
って、気を良くしてたのですが・・・。

骨量測定はなんとっ!
年齢で比較した5段階評価で、最悪の5「骨密度少な目、要注意」。
もうびっくりでした。
今こんな状態じゃ、確実に10年後(さば読んでますが、なにか?)に来る、閉経はやばいってことじゃない?骨折体質になってしまうってことで。
あれだけ、カルシウム含有量の多い硬水を飲む暮らしをしてたのにっ。
いや~、寝耳に水っ(焦)

以来、カルシウムのことを調べてます。
基礎知識はあったけれど、カルシウムを含む食品に、人体への吸収率の違いがあるとは知らなかったです。

最も吸収率がいいのは、牛乳と乳製品。
吸収率がいいのは、大豆製品。
普通なのは、魚。
あまり吸収率が良くないのは、野菜と海草。

なんですって。

つまりですね、スペインライフでは、大豆製品は滅多に手に入らず。
魚の、特にしらす干し、めざし、田作り、みりん干しがいいと言われるものは皆無で。
かろうじて、エビ、イカ、タコで摂取ってかんじ。
野菜と海草は、それ自体が吸収率が良くない。

ってことは、乳製品を積極的にとらないと、カルシウムは摂取できないってことですね。

なのに、実は私はロングライフ牛乳は気持ち悪くてほとんど飲まないようにしてい。
フレッシュ牛乳はすぐダメになる(日本より賞味期限が短いです)から、飲める機会が少なくて。
ヨーグルトは、一年に数回ブームが来る程度で、ブーム以外はまったく口にもせず。
チーズは大好きなので、せっせと食べてはいました状態でした。
卵はカルシウムが豊富ではなく、肉類、穀物類にはほとんど入っていないそうで。
えーん、そんなものがほとんどメインの生活ですもんね~。

この生活を9年間続け、合間にくうまを出産して自分のカルシウムを分けてしまったということは、骨密度が少ないって、なんて原因の明白な結果っ。
思わず膝を打ってしまう。うむ。

・・・ではなく。
大ショックです(どよーん)

女性は50歳の閉経期に、いっきに骨密度が下がるんですって。

でね、一日の必要量は最低700mg。
でも、骨粗しょう症を予防するには、800mgは必要だそうです。
50代以上は1000から1200mg必要って、すごい量なんですが(汗)

で、カルシウムを吸収するためには、マグネシウムが必要で、繊維質の取り過ぎはきゅうしゅうを悪くし、ビタミンDは有効で・・・ってなんだか単純じゃないもよう(ぜーぜー)

ちなみに200mg含んでる食品の量って、牛乳は1本、ヨーグルトは200mg、豆腐は2/3で、納豆は2パック。
牛乳一本は飲めそうだけど、納豆2パックを毎日って無理ですがな。
それでも、あと600mg足りないわけで・・・って、計算し始めたら、絶対自分にはできないことを、あっさり認め、早速、マグネシウム混ぜのサプリメントを取り寄せましたです(苦笑)

で、サプリで半分は補えるのかと思ったら、「あくまでも補助」なのだとか。
そーなんだ~。

ってことで。
今、真面目になってます(炎)




by africajp | 2008-05-22 09:29 | 母のつぶやき

スペインから引っ越してきました。


by africajp